施工例

高低差のある外構

高低差のある外構の場合、ブロックの数など材料が、どうしても多くなってしまいます。その場合、どうしても譲れないものを優先して、他はシンプルな物で予算を抑えてスッキリとした外構にして、後からブロックを塗装したりなど追加していくことも可能です。

関連記事一覧

PAGE TOP